キャンピングカーレンタルの最長利用期間30日 ラグビーワールドカップ観戦での利用40%以上 JAPAN C.R.C.がインバウンド利用者の調査報告を発表

キャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:頼定 誠)が運営する「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(以下 JAPAN C.R.C.)https://japan-crc.com/」は、ラグビーワールドカップ2019期間を含む2019年9月1日~2019年11月の期間を対象に、キャンピングカーレンタルにおけるインバウンド利用属性に関する調査を実施したしました。

■調査結果トピックス

1. インバウンド利用者の約2/3がRWC2019出場国
2. 調査対象期間の4割がRWC2019観戦目的で利用
3. 最長1年前からの利用予約
4. RWC2019観戦での利用者の最大利用期間は30日、平均利用期間は18日
5. 平均利用人数は3名、1名での利用者も

■調査概要

調査対象:ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(JAPAN C.R.C.)インバウンド利用者
対象期間:2019年9月1日~2019年11月30日

1. インバウンド利用者の約2/3がRWC2019出場国
2019年9月~11月の、国別インバウンド利用はフランス、オーストラリア、イギリス、香港、台湾、スイス、ドイツ、南アフリカ、カナダ、アイルランドの10ヶ国。RWC2019年の出場国である、フランス、オーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、南アフリカの6か国が「JAPAN C.R.C.」でキャンピングカーレンタルをしています。

2. 調査対象期間の約4割がRWC2019観戦目的で利用
2019年9月~11月、インバウンド利用者の利用目的の4割以上がRWC2019を観戦するためにレンタルをしています。観戦目的での利用国は、出場国であるフランス、イギリス、オーストラリア、アイルランド等の国が中心。すべてのご利用者様が10日以上でのレンタルであり、RWC2019観戦とあわせて、日本各地の観光名所も同時に観光する目的で利用を検討しています。

3. 最長1年前からの利用予約
調査対象期間では、最長で400日以上前からのレンタル予約もあり、平均でレンタル日の168日前からの
予約を行っています。ヨーロッパでは半年以上前からの予約が7割以上を占め、アジアでは3か月前からの予約が8割弱を占めており、日本からの距離が遠い国がより早くレンタル予約をする傾向にあります。

4. RWC2019観戦での利用者の最大利用期間は30日、平均利用期間は18日
調査対象期間でのレンタル期間は、最長約20日間、平均約11日間ですが、RWC2019利用を目的としてのレンタルでは、最長で2019年9月中旬~2019年10月中旬にかけて、30日間(1か月間)の利用があります。10日間のレンタルが最短で、平均すると約18日(3週間)という長期でご利用しております。

5. 平均利用人数は3名、1名での利用者も
調査対象期間での利用者の平均人数は2名~4名での利用が約8割を占め、平均では3名での利用となっています。1名でのご利用も見られます。RWC2019観戦を目的としてのレンタルでは3名~5名でのご利用がすべてを占め、平均利用人数は約4名となります。ご利用者の平均年齢も40代後半と比較的高い結果となっております。

■【ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)サービス概要】

Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、新千歳C.R.C.、旭川C.R.C.、青森C.R.C.、福島郡山C.R.C.、成田C.R.C.、大阪C.R.C.、京都C.R.C.、兵庫尼崎C.R.C.、岡山C.R.C.、山陰鳥取C.R.C.、広島C.R.C.、沖縄C.R.C.をグループ傘下に収める日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。はじめての方でも手軽にキャンピングカーの魅力を体験でき、行き先、用途、ご利用人数に合わせ、お好みの車種をお選びいただけます。