キャンピングカー株式会社がモビリティの視点から 医療業界を支援する共同事業体「メモラボ」を設立

キャンピングカー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:頼定 誠)は、コロナ禍においてひっ迫する医療業界や、ワクチン接種に取り組む自治体、サービス運営が困難な企業などの支援を目的とした車両の開発および提供する共同事業体(コンソーシアム)「メモラボ」を2021年7月19日に設立致しました。本日より設立目的にご賛同いただける自治体・企業の参加募集を開始いたします。

 

 

医療支援コンソーシアム「メモラボ(メディカルモビリディラボ)」設立の背景

新型コロナウイルスの全国的な感染拡大後、医療のひっ迫や大型イベントの中止など、各業界において大きな影響を及ぼす問題に直面してきました。

このような課題の解決策の一つとしてキャンピングカーをはじめとするモビリティ分野に医療業界からの注目が集まっています。

キャンピングカー株式会社ではこれまで、自治体や病院の医療を目的とした用途に合わせカスタマイズしたキャンピングカーのレンタルを行ってまいりましたが、自社だけで車両提供するには機能や利用用途の範囲に限界があります。

そこで当社は、今後も増加していく医療関係者の需要に対し、各企業が持つ専門分野のリソースを活用したモビリティを提供していく必要があると判断し、メモラボの設立に至りました。

 

 

「メモラボ」の取り組み

メモラボでは、自動車メーカー、エネルギー事業者、交通事業者、Maas関連事業者など、医療向けモビリティの開発に必要とされる製品・サービスを持つ企業に対して参加の呼びかけを行い、業種を越えたパートナー連携を目指します。

同時に、利用者側の視点を持つ自治体、医療機関の他、コロナ禍においてサービス運営が困難な企業へも参加を呼びかけ、「今、現場では何が必要であり、何か課題となっているのか」という情報を収集し、サービス向上や需要喚起に繋げてまいります。

 

メモラボのプラットフォーム戦略

メモラボが目指すプラットフォームの方向性は、大きく3つの要素があります。
① 参加する自治体・医療機関・企業が抱える問題を集約し、メディカルモビリティの必要性を見出す
② 参加する企業が問題の解決に繋がるリソース・製品を提供し、代替性の高い「シングルソース・マルチユース車両」を造り出す
③ メディカルモビリティの運用から得たデータを検証し、さらなる品質向上に活用する

 

 

メモラボのプラットフォーム戦略

メモラボが目指すプラットフォームの方向性は、大きく3つの要素があります。
① 参加する自治体・医療機関・企業が抱える問題を集約し、メディカルモビリティの必要性を見出す
② 参加する企業が問題の解決に繋がるリソース・製品を提供し、代替性の高い「シングルソース・マルチユース車両」を造り出す
③ メディカルモビリティの運用から得たデータを検証し、さらなる品質向上に活用する

<運営サイトURL>
「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター」 https://japan-crc.com/
「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター 英語サイト」 https://japan-crc.com/en/
「くるまの旅ナビ」 https://kuruma-tabinavi.com/
「キャンピングカー比較ナビ」 https://japan-crc.com/ccn/
「レンタルキャンピングカーライフ」 https://carlifenavi.com/
ペットポータルサイト「ワンダホー」 https://pettokei.com/
防災/アウトドアECサイト「アウトドア119」 https://outdoor119.net/
「東京当日 PCR 検査」 https://tokyopcr.com/
 
【ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)サービス概要】
「Japan C.R.C.」は、東京キャンピングカーレンタルセンターをはじめ、北海道から沖縄まで約30エリアでフランチャイズ展開をする日本最大級のキャンピングカーレンタルサービスです。
 
キャンピングカー株式会社 広報担当:つむら まの
 

 
自社運営サイト「くるまの旅ナビ」やキャンピングカーに関する取材、SNS運用を通じてキャンピングカーおよびアウトドアの魅力を発信しています。学生時代はライター&レポーターとしても活動。メディア取材も積極的に受け付けています。

早稲田大学法学部卒業。長崎県長崎市出身

本リリースに関するお問い合わせはこちらまで
キャンピングカー株式会社
つむら まの contact@camping-car.co.jp
TEL:03-5577-6245  Fax:03-5577-6246